アメリカの心理学者の研究によると、結婚相手の外見的な魅力度は、自分自身の幸福感に深く結びついているとのこと。

「イケメンや美人と結婚出来れば、そりゃあ幸せでしょ!」

と思うかもしれませんが、事はそう簡単ではないようです。

男性は結婚した女性が魅力的でもそうでなくてもそれほど関係がないけれど、女性がイケメンと結婚した場合は不幸を感じる可能性が高いという結果が!!

その理由とは何なのでしょうか?

イケメンと結婚すると不幸になる理由とは?

米フロリダ州立大学のチームが、自分より外見が魅力的な夫を持つ女性は不幸せになるという研究を心理学誌「Journal Body Image」(電子版)の2017年9月号に発表した。逆に妻の方が魅力度の高い「美女と野獣」カップルが幸せになるという。

「イケメン」と結婚した女性は不幸せに! 米の大学が研究、「美女と野獣」型が幸福

フロリダの心理学者の研究によると、イケメンと結婚した女性は不幸を感じやすいとのこと。

その理由はとてもシンプル。

夫の容姿が魅力的だと、自分自身に劣等感やネガティブな感情を抱きやすいから。

 

研究に参加した113組のカップルの外見的魅力度を導き出して夫婦間の意識調査した結果、自分よりも魅力的な夫を持った女性は「ダイエットしなきゃ!」という強迫観念に強く囚われている傾向があることがわかりました。

逆に男性の場合は、妻が魅力的でもそうでなくても、食生活やダイエットに関してほとんど影響を受けませんでした。

総じて、妻が夫よりも魅力的な方が結婚に対する満足度が高いようです。

 

女性にとって、特に自分が魅力的ではない場合は、身体的に魅力のある夫を持つことは、結婚生活にマイナスの影響を与える可能性があります。パートナーの期待に応じようと、過剰なエネルギーをダイエットに費やし、摂食障害や心の病を発症するリスクが高くなります。これまでは見過ごされてきましたが、女性の摂食障害を理解し治療するうえで、外見の面からパートナーとの関係を見直して支援することが大事だと思います

 

この研究結果をみると、結局のところ女性側の”主観”が大事ってことになります。

「この人よりも自分の方が魅力的だな~」

なんて、心に余裕を持てるくらいの外見の男性と結婚した方が、女性の場合は上手くいくのかもしれません。

きっと、結婚生活も常にリラックスできるでしょう。

スラッとした体型でモデルのようなイケメンと結婚したら、それはそれでプレッシャーになってしまうかもしれませんね。

 

婚活ではイケメンじゃない男性を狙った方が、浮気の心配もないし幸せな結婚生活を送れるかも!?