結婚している夫婦の”出会いのきっかけ”で一番多いのは何でしょうか?

出会いのきっかけが婚活サイトである割合は?

2015年厚生労働省が発表した「交際相手・結婚相手との出会いのきっかけ」のデータを紹介します。

婚活サイトがきっかけで結婚したカップルは全体の何割くらい?

まずは”未婚者”で付き合っている異性との出会いのきっかけをランキングで紹介します。

☆未婚男性が彼女と出会ったきっかけランキング

1位:学校で(27.7%)

2位:友人・兄弟姉妹を通じて(20.6%)

3位:職場や仕事で(18.6%)

4位:サークル・クラブ・習い事で(6.2%)

5位:アルバイトで(5.4%)

6位:街中や旅先で(5.0%)

7位:幼なじみ・隣人(2.6%)

8位:お見合いで(0.7%)

9位:結婚相談所で(0.4%)

 

☆未婚女性が彼氏と出会ったきっかけランキング

1位:学校で(23.7%)

2位:職場や仕事で(21.5%)

3位:友人・兄弟姉妹を通じて(20.9%)

4位:サークル・クラブ・習い事で(7.2%)

5位:アルバイトで(6.7%)

6位:街中や旅先で(3.5%)

7位:幼なじみ・隣人(1.8%)

8位:結婚相談所で(0.5%)

9位:お見合いで(0.4%)

 

付き合う段階を見ると、出会いのきっかけは男女とも圧倒的に「学校で」が多いですね。

その後に、職場での出会いや、友人・兄弟姉妹からの紹介が続きます。

夫婦が出会ったきっかけランキング

1位:友人・兄弟姉妹を通じて(30.8%)

2位:職場や仕事で(28.2%)

3位:学校で(11.7%)

4位:お見合い結婚(6.4%)

5位:街中や旅先で(5.7%)

6位:サークル・クラブ・習い事で(4.8%)

7位:アルバイトで(3.8%)

8位:幼なじみ・隣人(1.6%)

(2015年調べ)

夫婦が出会ったきっかけになると、「学校での出会い」が1位から大幅に下落して3位になります。

かわりに1位になったのが「友人・兄弟姉妹を通じて」です。

特に友人からの紹介は、結婚に繋がりやすい出会いのひとつであることがわかりますね。

4位には「お見合い結婚」がランクインしていますが、これには結婚相談所の利用も含まれます。

今の時代、なかなかお節介なお見合い好きのおじさん・おばさんも減っているでしょうから、「お見合い結婚」のほとんどが結婚相談所を通じてのものと思っていいでしょう。

つまり、全体の約6%くらいのカップルが結婚相談所を通じて知り合っているということになります。

1,000人の夫婦を集めたら、その中の60組くらいが結婚相談所がきっかけで結婚したということになりますね。

 

この割合が多いのか少ないのかはわかりません。

ですが、友人からの紹介が期待できない、職場にいい感じの異性がいない、学校での出会いもなかった、ということであれば結婚相談所がいちばん結婚できる出会いのきっかけではないでしょうか。

 

関連記事:ネット婚活でオススメの婚活サイト・ベスト3