ネット婚活では、ただやみくもにいろんなサイトに登録して婚活しても、良い出会いは訪れません。

この記事ではの始め方や、結婚できる確率を上げるための「婚活するにあたって知っておきたい知識」をまとめて紹介しています。

かなり長い内容になっているので、自分は欲しい知識だけをピックアップして読むのもいいでしょう。

 

この婚活サイト活用ガイドをうまく利用して、自身の婚活に役立ててみてください。

目次

ネット婚活を緊張しないで楽しむための唯一の方法

相手にメッセージを送るときに、どうしても緊張してしまう。

相手と直接会うと、緊張してうまくしゃべれない。

特に結婚相手を探すのにネット婚活を選択する方は、男女問わず緊張しやすい性格の人が多いと思います。

ネット婚活といっても待っているだけではダメで、良い相手を見つけるには積極的に相手にアプローチする必要があります。

そうなると、すごく緊張しますよね。

緊張しないためにいろんな方法を試してみても、やっぱり緊張しちゃう。

今回はネット婚活で緊張しないための唯一の方法を紹介します。

ネット婚活で緊張しない方法

緊張して汗をかいたり、ドキドキしたりするのは、交感神経が刺激されて活発化しているためです。

交感神経を落ち着かせるには、深呼吸が大切。緊張する場面になったら、ゆっくりと落ち着いて深呼吸しましょう。

…という話を聞いたことがあります。

ですが、実際に深呼吸しても落ち着いたためしがありません!!

「自分は大丈夫だと思おう!」「失敗しても何も失うものはないと考えよう!」「成功のセルフイメージを形成しよう!」

といった”考え方を変えて自己暗示をする”という方法も、緊張を解消する方法として有名です。

ですが、これもほとんど意味がありません。

こんなに簡単に自己暗示できて、自分の気持ちをコントロールできるなら、誰も苦労はしないでしょう。

では、どうすれば緊張せずに婚活できるのでしょうか?

緊張しないためには経験を重ねるしかない

「精神力」は「筋力」と似ています。

先ほど紹介した「緊張しない方法」は、50キロのバーベルしか持ち上がらない筋力の持ち主が、考え方を変えただけで60キロのバーベルを持ち上げようとする方法、といっていいでしょう。当然のことながら、持ち上がるはずはありません。

緊張する人は、絶対に緊張するのです。

緊張しなくなるためには、筋肉を鍛えるのと同様に、精神力を鍛える必要があります。

精神力を鍛える!??

なんか難しそう…。

そう思うかもしれませんが、精神力というのは経験を繰り返すことで自然と強くなっていきます。

例えばちょっと敷居の高い高級レストランで食事をすることになったとして、最初はとても緊張しているかもしれません。ですが、同じレストランに2回目訪れた際には、最初に来た時よりも少しだけ緊張しなくなっていると思います。3度目、4度目と繰り返すうちに、すっかり緊張しなくなっているでしょう。

緊張は経験を繰り返す度に強くなるのです。

イメージが湧きずらいと思いますが、精神力と筋肉はとても似ていて、急に強くならないし、急に弱くもならないのです。

もしネット婚活で緊張しっぱなしだったら、それは経験が足りないということの証です。

積極的にネット婚活を続けていく内に、少しずつ精神力が鍛えられていき、コミュニケーションで緊張しなくなると思います。

「何だそんなことか!!」

と思うかもしれませんが、緊張しても諦めずにチャレンジし続けることが、ネット婚活で素敵な相手と巡り合う正しいの方法なのです。

ネット婚活を始めるために絶対に必要なもの

何事も成功するには準備が大事!!

今回は、婚活サイトに登録するために、そして有利に婚活を始めるために必要なものを紹介します。

これらを事前に用意すれば、婚活サイトの登録から成婚までを円滑に進めることができるでしょう。

①身分証

ほとんどの婚活サイトへの登録には、不正利用防止や年齢確認のために身分証の提出が必須となっています。

身分証の提出が必要ない出会い系サイトとは違い、婚活サイトでは本気で結婚したいと思っている男女が集まる場だからだです。悪用や冷やかしを防ぐためにも、身分証の提出が必須。逆に身分証の提出が必要のない婚活サイトは、利用しない方が良いでしょう。

提出する身分証はサイトによって違いますが、主に下記の書類が使えます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 保険証券
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 障害者手帳

これらの書類をスマホで撮影したり、スキャナーで取り込んで、その画像データを婚活サイトからアップロードするだけで登録が完了します。

②笑顔の写真

直接会ってコミュニケーションを始めるお見合いや婚活パーティと違って、ネット婚活の第一印象は写真プロフィールで決まります。

逆に言えば、口下手で異性とのコミュニケーションが苦手だったとしても、しっかりと印象のよい写真を用意して、好感の持てるプロフィールを作成すれば、出会いのチャンスは広がるということになるでしょう。

写真はやっぱり笑顔が一番。

カッコつけて無表情で写っていたり、横向きや俯いている写真はNGです。

目が不自然に大きいプリクラの写真なんてもっての外ですし、やたらと加工しまくりの写真も使わない方が良いでしょう。実物とかけ離れた写真は、実際にあった時にかなり印象が悪くなります。

シンプルに笑顔の写真を使うのがオススメ。

画像を加工するにしても、明度を上げて、写真全体の印象を明るくする程度にしておきましょう。

婚活サイトによっては、設定によって写真を非公開にすることもできますし、そもそも写真を登録しないこともできます。ですが、印象のよい写真があった方が良い出会いを得る確率は上がるでしょう。

③LINEアカウント

婚活サイトは利用者同士のメッセージのやり取りを有料にしている場合が多いです。

だらだらとやり取りを続けているお、利用料金が高額になってしまう場合があります。

気に入った相手や、ちょっとでも気になる相手が見つかったら、積極的に連絡先を好感して、婚活サイトの外でコミュニケーションを始めるのが良いでしょう。

そこで活躍するのがLINEです。

メルアドよりもLINEの方が手軽にやり取りができますし、もし相手が気に入らなかった場合はブロック機能もあります。

メールしか使えないガラケーを使っているとしたら、婚活を有利に進めるためにも、スマホにしてLINEを使えるようにするのもオススメです。

 

婚活サイトに登録するために、身分証の画像を用意する。

交換の持てるような笑顔の写真も用意する。

婚活サイト外でのやり取りを簡単に行うために、LINEアカウントも用意する。

そうすれば、ネット婚活もスムーズに進めることができるでしょう。

婚活サイトで成功するプロフィールや自己紹介文の書き方と例文。

婚活サイトでは必ずプロフィールを書くことになりますが、この内容によって結婚までの成功率が大きく変わっていきます。

結婚相手として適切な異性を判断する材料として、ネット婚活ではプロフィールが一番重要視されるからです。プロフィールの文章を読めば、本当に真剣に婚活をしているかを見極める判断材料にもなります。

プロフィールで少しでも興味を持ってもらわないと、婚活が始まりません!!

これから婚活サイトを利用されることを検討している方や、利用されている方で成婚率を上げたいという方もプロフィールの書き方について学んでおきましょう。

婚活サイトでのプロフィールの書き方の基本

まずは基本情報である年収や年齢などの欄は全て埋めるようにします。

未公開や非公開にしている方もいますが、こちらは印象が悪いので、なるべく全て公開したほうが良いでしょう。

休日の過ごし方や趣味の欄がありますが、こちらの欄は一言だけでなく、文章にして記載したほうが相手も把握しやすくなります。

一番重要となるのが自由に記載できる”自己紹介文”です。内容を自由に書けるからこそ、いちばん本当の自分の出てしまうのが自己紹介文。

逆に言えば、ここでバッチリ魅力的な自分をアピールできれば、自分に興味を持ってくれるお相手が劇的に増えることになるでしょう。

自己紹介文のポイントは、最初と最後に挨拶とお礼を書くようにするってこと。

挨拶を書いていない方もいますが、書くことで全体の印象も変わっていきます。相手に誠実な印象と安心感を与えることができるでしょう。

自己紹介文の最初の定番としては、「はじめまして」となります。変に工夫するよりもシンプルにしておくのが一番いいでしょう。

はじめましての他にも「見てくれてありがとうございます」など、見てくれた方に感謝の気持ちを伝えることでも好印象となりやすいです。

最後の挨拶は「見てくれてありがとうございました」など文章でOK。

無難でいきたいという方は、「よろしくお願いします」と最後に付け加えると良いでしょう。

婚活サイトでは相手にアプローチを送っても返信が無いということは多いですが、「返信はできるだけします」などの文章を自己紹介文に書くことで、異性に「メッセージを送ろうかな~」と思わせるテクニックもあります。

挨拶が終わったら自己紹介の本文です。内容は自分の性格について、趣味について、結婚についての考え方などを書く方が多いです。

「話をするのが好き」「聞き上手です」「自分は社交的なほうです」など、自分の性格を素直に書いていくのも良いでしょう。

続いては、趣味や休日の過ごし方を書いていくパターンが多いです。

基本情報に書く欄があるサイトもありますが、自己紹介文で具体的に書いていき、相手に知ってもらうようにしていきます。読書が趣味という方は、最近読んでいる本や、好きな本、面白い本などを書いていくと良いでしょう。

結婚をしたい理由やサイトを使っている理由も書いていくと、結婚についての価値観が近い方からのメッセージを届きやすくなります。

理想の異性からのメッセ―ジを望んでいる方は、希望する異性のタイプなども書いておきましょう。「一緒にいて安らげる人」「共通した趣味でお互いに楽しみたい」などを記入します。

ただし、「自分の○○に理解のある人が良いです」「年収は最低でも○○以上希望です」というようなネガティブな条件を記載すると印象が悪くなるので控えたほうがよいでしょう。

最後に自己紹介文の例文を載せていきます。

婚活サイトの自己紹介文の例

はじめまして、裕子と申します。仕事は一般的なOLをしています。

婚活サイトに登録をした理由としては、周りの友達も次々に結婚していき、幸せな家庭を見ていると私も結婚願望が沸き、結婚相手を見つけるためにこのサイトに登録をしてみました。

休日は主に家で映画を見たり小説を読んだりして過ごしています。たまに一人で食べ歩きもするため、男性の方と一緒にできたらいいなと思っています。

アウトドアよりインドア派となるので、インドアの趣味をたくさん持っている方ともお知り合いになれたら良いなと考えています。いままで男性とのお付き合いも少ないので、ゆっくりとメールで仲良くなっていきたいと考えています。ここまで読んでくださってありがとうございました。返信お待ちしております。

「はじめまして」という挨拶から始まる自己紹介です。

自分の仕事の内容や、婚活サイトを利用していいる理由、続いて趣味などを記載し、自分自身の人となりや魅力をアピールしています。

長すぎず、短すぎず、適度な読みやすい文章量であることもポイントです。(文章が長すぎるとガツガツした印象になりますし、少し短いくらいが相手に興味を持ってもらえます)

こちらは定番の自己紹介文となるので、この文章を参考にしても良いですし、他の方よりもオリジナル性を出したいという場合はもう少し個性を出した文章を書いてみても良いでしょう。

  • 基本情報の欄はすべて埋める
  • 最初と最後に挨拶とお礼の文を
  • 趣味や休日の過ごし方、結婚観などを具体的に書く

このようなポイントを抑えつつ、自分らしい魅力的な紹介文になるように文章を練りましょう。

婚活サイトでいろんな人の紹介文を読んで参考にするのも良いです。

もちろん、登録時に自己紹介文を書いたらそれで終わりというわけではありません。

ネット婚活を続けていく中で、どんどんプロフィールを魅力的なものに書き換えていくのも、良い出会いの可能性を上げるために重要なことですね。

婚活サイトで自分の顔写真を公開するメリットとデメリット

最近ではインターネットで婚活ができる「婚活サイト」が増加していて、お見合いや婚活パーティーなどに抵抗があるという人でも気軽に婚活できると大変人気になっています。婚活サイトであれば、仕事が忙しい人や、知らない人といきなり会って話すのが苦手な人でも、手軽にネット婚活をスタートさせることができます。

この婚活サイトを利用するには自分のプロフィールを登録することが必要になってきますが、ここで迷ってしまうのが自分の顔写真を公開するかどうかという問題です。

最近では個人情報の取り扱いに神経質になってますし、閉じられた婚活サイトとはいえ自分の顔写真を登録するのに抵抗を感じる人も多いでしょう。

婚活サイトに顔写真を公開するメリットとデメリットを紹介しします。

婚活サイトでは、顔写真を公開した方が出会いが増える

「自分の顔写真を公開するなんて恥ずかしいし、容姿には自信がないしなぁ・・・」

「スクリーンショットを取られて悪用されたらどうしよう?」

そんな風に不安に思ってしまうかもしれません。

自分の顔に自信がない、どこで悪用されるかわからない、もし身近な人に婚活サイトを利用していることがばれたら恥ずかしい、そんな理由で誰でも初めは躊躇すると思います。

でも、自分に置き換えて考えると写真を載せている人と載せていない人、どちらと安心して連絡を取れるかというとやはり載せている人ですよね。

これはもちろん異性の立場であってもそうであり、実際に顔を載せたときと載せないときとでは載せたときの方が何倍も異性からの連絡がくるというデータもあります。

また、自分がプロフィールを参考に好みの異性を探すときにも、写真を乗せている人の方が安心してメッセージを送ることができるでしょう。

もし写真を載せていない人とやり取りをして、とても話が合うと感じていても、いざ会って顔を見たときにまったくタイプでなかったらショックですし、その後の付き合いを断るのにもエネルギーも使ってしまい、大変な労力と時間を無駄に使ってしまうことになります。

これは相手からしても同じことです。もし自分が顔を公開していなくて実際に異性と会ってみてその後の付き合いを断られたり、やり取りが急に途絶えたりしていったらとてもダメージが大きいと思います。

婚活サイトに登録しているからには異性も自分も真剣に結婚相手を探してるということなので、そのような無駄な労力や時間を使ったり、ダメージを受けたりしなくていいようにするという意味でも、お互いに事前に顔写真を公開しておいて好みのタイプかどうか確認しておくことは重要になってくるのです。

容姿に自信がなくても、笑顔の写真を登録しよう

オススメは笑顔の写真。

男性も女性も、笑顔のときが一番魅力的なものです。カッコつけて無表情だったり、むすっとした顔をしている写真を使うのは止めておきましょう。もちろん、アプリを使って加工するのもNGです。

撮影時の写真も、清潔感のあるもの、無難なものを着用しておくのが良いです。特に男性は服に頓着せずに、だらしない恰好のままで撮影してしまうことが意外に多いです。女性はそんなところも、しっかりと見ているものです。

どうしても公開したくない場合は・・・

もし、どうしても画像の悪用や流失が心配で、顔を公開するのが嫌だという方は、顔を公開する範囲を制限できる婚活サイトや、顔全体のものでなくても、例えば目だけや鼻から下のみなどでも載せてもらえるサイトを探してそちらを利用するのも良いかもしれません。ちょっと遠くから撮影した、雰囲気だけでもわかる写真や、横顔、後ろ姿の写真を使うのもいいでしょう。ただし、婚活サイトによっては後ろ姿NGの場合もあるので注意が必要です。

まったく写真を載せない場合は、異性から連絡がもらえるチャンスが格段に減ってしまいます。もし顔全体を載せるのがどうしても心配であったり、自信がないという場合には、仲良くなった異性にだけ公開したり、一部だけでも載せておくという方法をとると反応が違ってくると思います。

また、それでもまだ心配、抵抗があるという人でも、直接メッセージのやり取りをするうちにこの人となら実際に会っても良いと思える人が見つかったらその時点ですぐに、メルアドやラインを好感して連絡を取り合いましょう。

そうして早めに、お互いの写真を交換した方がいいです。なぜなら、やはり実際に会ってからタイプでなくてやり取りを断ったり断られたりするよりも、メールでのやり取りの時点でタイプでないと判断できた方がお互いに労力も時間も費やさずにすみ、ダメージが少ないからです。

このときにもし頑なに交換してくれない異性であれば、かなりの自己中だったり警戒心が強すぎたり、何か顔がばれると困るような事情があるような人であることが多いので会わずに済ませることが賢明です。もちろん相手からもそのように判断されることがあるということを頭において相手からお互いに公開しようと求められたときには応じてあげましょう。

顔写真公開のメリット・デメリットまとめ

このように、婚活で顔写真を公開しておくことは悪用や流失などのデメリットもありますが、出会いのチャンスを広げることができ、その後の婚活をスムーズに進めることができるという大きなメリットがあります。

☆顔写真を公開するメリット

  • 出会いのチャンスが増える
  • 実際にあった後にガッカリされることがない

☆顔写真を公開するデメリット

  • 可能性は低いものの、悪用される可能性がある。
  • 知り合いに婚活をしているのがバレる可能性がある。

たしかに写真の公開にはデメリットがありますが、写真を公開していないと、気になる異性にメッセージを送っても無視される可能性がありますし、プロフィールで趣味が同じなのにメッセージをしてこない可能性だってあります。

たくさんの婚活サイトに登録するのではなく、2~3か所の婚活サイトに絞って、そこだけで写真を公開してネット婚活を行うのが一番バランスがとれているでしょう。

これから婚活サイトを利用しようと考える方は参考にされてみて下さい。

ネット婚活で好感度を上げるメッセージのコツと5つの常識

ネット婚活は文章のやり取りから始まるといっていいでしょう。メッセージのやり取りで気に入ってもらえなければ、実際に会うことはかないません。

相手を知り、自分をアピールするには、メッセージにおける最低限のマナーを心得て、楽しくコミュニケーションしなければなりません。

ネット婚活で好感度を上げるメッセージの5つの常識を紹介します。

①長文は避ける

長文のメールが送られてきて「うわっ!」って思ったことはありませんでしょうか。

長い文章は読むのに疲れますし、心理的に「同じくらいの文章量で書かないと失礼かな」と思ってしまいます。すっごい長文のメールが来たのに、「大丈夫ですよ!」という一文だけを送るのも気が引けてしまい、返信が面倒臭くなってしまうでしょう。

それに長文のメッセージは、よほど文章力がない限り「つまらない日常の出来事」とか「質問責め」な内容になりがち。このような内容だと、返信にすご~く困ります。

最低限のマナーとして、適度な長さの、読みやすいメッセージを心がけましょう。そうすれば、お相手も気兼ねなく返事をしてくれると思います。

②たくさんの質問を一度にするのはNG

これは「長文は避ける」と少し重複しますが、ひとつのメッセージには、基本的にひとつの質問だけに留めておきましょう。

質問が多すぎるメッセージは、正直なところ迷惑です。しかも質問が多い文章は、内容が二転三転することが多く、とても返信が難しくなってしまいます。

会話を盛り上げるのに質問は大切ですし、相手をよく知りたいという思いもあるのでしょう。ですが、相手への質問は1つのメッセージに1個か、多くても2個くらいにしておくのが無難です。

③過激な冗談は避ける

人間は会話の内容よりも、表情や仕草などを感じ取ってコミュニケーションを取っています。これを非言語的コミュニケーションと呼びます。

「わかったよ!」と笑顔で言われるのと、「わかったよ!」と怒った顔で言われるのでは、受け取り手が感じるメッセージはまったく別のものになるでしょう。

メールやラインなどのメッセージだけのやり取りでは、非言語的コミュニケーションがまったく伝わりません。その結果、不本意な誤解を与えてしまった経験がある人も多いでしょう。

特に気をつけたいのが、過激な冗談や、安易に人をからかう冗談です。

下ネタや他人をからかう冗談、自虐ネタなどは、面と向かって言うならまだしも、メールでは避けた方が無難です。会話では伝わるわかるような軽い冗談のつもりても、メールでは相手の受け取り方がまったく違ってくる可能性があります。

自分なりのサービス精神を発揮させ、過激な冗談を使うのはやめましょう。平和的で人を傷つけないユーモアなら、2人の間をより親密にしてくれると思います。

④返信がないうちに何度も送らない

自分がメッセージを送ったのに、相手からの返信がない。だからと言って、返信がないうちに追加でメッセージを送るのは、完全にマナー違反です。

このようなメールで相手に伝わるメッセージは「不安」「劣等感」「余裕のなさ」などのネガティブなものばかり。

相手の返信を待って、それを受けてメッセージを送るのは、最低限のマナーです。もし返信がなかったとしたら、相手にその気がなかったと諦めるか、2~3日後に「メッセージは確認していただけましたか?」といった簡素な文章を送るくらいにしておいた方が良いですね。

⑤自分のキャラクターとかけ離れた文章は避ける

「ネット婚活で実際に会ってみたら、プロフィールの写真と全然違う!!」ということはありますが、それと同じように「やり取りしていたメッセージのキャラと全然違う!!」ということもよくあります。

メッセージのやり取りでは、スポーツが大好きで、活発な性格で、語尾に”!!”をよくつけたり、元気がいい印象だったのに、実際に会ってみたら無口で声が小さくてイメージと全然違った…なんてことが起こりえます。

確かに初対面で緊張してしまい、本来の自分を出せないことはあります。ですが、本来の自分の性格とあまりにかけ離れた言葉や態度のメッセージは止めておいた方が良いでしょう。

ネット婚活でのメッセージでは、「自分を素直に出した飾らない言葉」が、結局のところ一番効果的だと思います。

婚活サイトのメッセージで楽しい会話が続く4つのテクニック

婚活サイトで結婚相手と出会うまでの手順をシンプルにまとめると「プロフィールで気になるお相手を見つける→メッセージを送る→実際に会う」という流れになります。

この流れを確認すればわかる通り、ネット婚活において「メッセージのやり取り」はとても重要です。

男性はもちろんですが、最近では女性も積極的にメッセージを送り続けないと、いい出会いを見つけることは難しいでしょう。

ですが、メッセージのやり取りだけで自分の魅力を伝えたり、楽しく会話を盛り上げるのはなかなか難しいもの。

プロフィールについては何とか取り繕うことができても、上手にメッセージのやり取りをしなければ、出会うことすらできずに関係が終わってしまうのです。

婚活を続けるにあたって、このような悩みを持っていないでしょうか?

  • メッセージをやり取りするのだけれど、あまり盛り上がらない。
  • どんな会話をしていいのかわからない。
  • いつの間にかお相手からメッセージが来なくなってしまう。
  • コミュニケーションは取れても実際に会うまでにはいかない。

今回はネット婚活で最も大切なスキルのひとつである、メッセージのやりとりについてのテクニックを紹介します。

ネット婚活で上手にメッセージをやり取りする方法

まずは、最も基本的な目的を押さえておきます。目的があいまいだと、その方法についてもブレてしまうからです。

ネット婚活で男女がメッセージをやり取りする目的は?

  • 自分の魅力を相手に伝えること
  • 相手の人となりを知ること

この2つが最大の目的といっていいでしょう。

相手の年収が知りたい、性格が知りたい、結婚に対する考え方が知りたい、自分の趣味を理解してほしい、すべてがこの2つの目的に集約されます。

この目的をある程度達成したうえでないと、「会いましょうか」という話にはなりません。

そこをしっかりと抑えたうえでメッセージをやり取りするのが大切です。

では、具体的なテクニックについて紹介します

メッセージでもミラー効果を活用しよう!

ミラー効果とは好意を持っている相手と同じことをしてしまうという心理効果のことです。

例えばカップルがデートしていて、男性が足を組んだら、自然と女性のほうも足を組んでしまう。コーヒーに口を付けたら、相手も同じくコーヒーを飲んでしまう。

このように好きな相手と行動が似てきてしまうことをミラー効果と呼びます。

これは逆に「似た行動をする人に好感を持つ」という作用もあります。

気になる異性とわざと同じ仕草をすることで、好感度をアップさせる心理テクニックですね。

これを婚活におけるメッセージにも応用します。

具体的には、メッセージの内容を相手に合わせることが大切。

ですます口調だったら、自分もですます口調で返信する。口語体のくだけた雰囲気の内容であれば、自分も硬すぎない表現を心がける。

メッセージの文字数も同じくらいにするのがいいでしょう。

相手が100文字くらいのメッセージを送ってきたら、自分も同じくらいの文字数にする。もし1000文字とか1万文字とか、そんな極端な文章量の差が表れると、相手への印象が悪くなってしまう可能性があります。

自分の熱意を伝えるには5万文字は必要だ!!

なんて思っても逆効果なので気を付けましょう。

メッセージの目的は自分の魅力を伝えること。それを忘れないことが大切です。

類似性の法則で好感度UP!!

類似性の法則とは、似ているところや共通点があればあるほど、相手に対して無条件に好感を持つという心理効果のことです。

相手のことを全く知らなくても、同じ出身地だったというだけで少しだけ好感度が上がったりします。

好きなミュージシャンが一緒であるとか、好きな小説家が一緒というのも、”無条件で”好感度が上がります。

メッセージだけのやり取りで盛り上がるには、相手のメッセージの内容から自分との共通点や共感するポイントを探すことが最も大切です。

「仕事で今日も疲れたよ」

とメッセージが来たら「私も今日はすっごい疲れました」と共感するポイントを探して返信するのがいいです。「疲れているのなら”旅の宿”っていう入浴がいいですよ」なんてメッセージよりは好感度が上がるでしょう。もちろん、事前に”お風呂が好き”という情報を知っていたのなら、そういった返信もアリですが。

数で勝負のザイオンス効果

ザイオンス効果とは、接触を持つ回数が多ければ多いほど相手に好感を持つ確率が高くなる、という心理効果のことです。

例えば毎日仕事の前に寄って缶コーヒーを買うコンビニの店員と、初めて行くコンビニの店員。何度も顔を見たことがあるコンビニの店員のほうが好感度が上がっています。そのコンビニ店員の性格なんて全く知らないのにもかかわらず。

とにかく、接触回数が増えれば増えるほど、相手からの好感度は上がるのです。

婚活サイトでいえば、メッセージのやり取りをすればするほど好感度が上がるということになります。

「おはよう」とか「おやすみ」などの他愛ない挨拶でも、少しずつ少しずつ好感度を上げているといっていいでしょう。

「マメな男はモテる」といわれていますが、モテない男性はこのような「ちょっとした接触」を軽視する経口があります。

女性のほうはこのようなちょっとしたコミュニケーションも大切にする傾向がありますが、武骨な男性は要注意ですね。

特にネット婚活で出会った直後は、接触の機会はメッセージのやり取りしかありません。

どれだけメッセージのやり取りを続けるかが、相手との距離を縮めるのに重要なのです。

「でも、なんだか会話のキャッチボールが続かないんだよな…」

「いつの間にかメッセージが来なくなるんですよね…」

そんな方のために、メッセージの返信を貰いやすくするテクニックを紹介します。

メッセージに必ず返信を貰う方法

メッセージを送って返信をもらう確率を劇的に上げる方法、それは文章の最後に2択の質問を入れることです。

よく「会話を盛り上げるには質問をすることが大切」という話は聞きます。質問は相手に興味を持っているというサインを出すことにもなりますし、それはそれで正しいのですが、文章だけのやり取りとなると少しだけ注意が必要です。

いろんな回答が想定される「開かれた質問」は、相手への負担が大きいのです。

それよりも、メッセージであれば「閉じられた質問」のほうが返信の可能性が高くなります。

つまり質問を2択にするってことですね。

「旅行はどこに行きたいですか?」(開かれた質問)と聞くよりも「海と山に旅行に行くのならどちらがいいですか?」(閉じられた質問)のほうが、相手も答えやすく、話も広がりやすくなります。

「どんな食べ物が好きですか?」よりも「中華料理って好きですか?」のほうがいいですし、「最近感動した映画ありますか?」よりも「一番最近見た映画って何ですか?」のほうが回答が限定されていて、返信しやすくなります。

自分を振り返ってみればわかりますが、開かれた質問の回答を考えるのは、実は思ったよりも負担が大きい。

「この回答でどう思われるだろう?」

「嫌われないかな?」

「もっとカッコつけた回答にした方がいいかな?」

自分もちょっとした質問に対するメッセージで悩んだことがあるのではないでしょうか。

それに比べても、2択で答えられる質問の方が相手は負担なく回答できるので、メッセージのやり取りが続きやすいのです。

先ほども紹介しましたが、メッセージは回数が多ければ多いほど、相手への好感度も上がりやすくなります。答えやすい閉じられた質問を活用してメッセージのやり取りを繰り返せば、自分への好感度も上昇するのではないでしょうか。

婚活サイトでのメッセージで使えるテクニックまとめ

ミラー効果:お相手のメッセージの内容や雰囲気を意識して、自分も似たような文面を心がける。

類似性の法則:相手のプロフィールやメッセージの内容から自分との共通点をなるべくたくさん見つけ、それを相手と共有する。

ザイオンス効果:接触の機会があればあるほど好感度は高くなる。ささやかなメッセージのやり取りもおろそかにしないでコミュニケーションを重ねよう。

メッセージに変身を貰いやすくする方法:開かれた質問よりもあまり考えずに回答できる閉じられた質問を活用する。文面の最後に、それまでの会話の内容に関連した2択の質問を入れるのがオススメ。

以上が婚活サイトでメッセージのやり取りをする際に、相手の好感度をアップさせる心理テクニックになります。

「何を話していいのかわからない!!」

ということであれば、これらのテクニックを活用しましょう。まずは相手との共通点や共感できるところを探してみて、そこから話を広げるのが基本。そうして、どれだけ短いメッセージでもやり取りを続ける。相手を知るためのシンプルな2択質問をするのも良いでしょう。”盛り上がる話題”よりも”相手を知るための質問”のほうが重要だからです。

大切なことなので、もう一度「メッセージのやり取りの目的」を確認しましょう。

婚活サイトでのメッセージのやり取りは

  • 自分の魅力を相手に伝えること
  • 相手の人となりを知ること

このふたつを最終的な目的としています。

テクニックは目的を達成するための手段でしかありません。

今回紹介したテクニックは、この目的を踏まえたうえで活用しないと、ただの”小手先のテクニック”に成り下がってしまいます。

まずは相手を理解してあげて、それから相手に理解してもらう。

それを忘れなければ、今回紹介した4つのテクニックは2人の理解を深めるための有効な武器となるのではないでしょうか。

ネット婚活で初めて会うときにオススメの場所と決め方

ネット婚活を初めて気になるお相手と出会い、メッセージのやり取りをした後に、実際に会うことになった場合、困るのはやっぱり「どこで何をするか?」でしょう。

遊園地や動物園?

落ち着いた美術館?

夜景の綺麗なバー?

人気の映画は?

ネット婚活で出会った2人が初めて会うときにオススメの場所はどこなのでしょうか?

初めてのデートの目的は?

ネット上でメッセージのやり取りをしていた2人が実際に会う、その目的は何なのでしょうか?

それはデートを楽しむことではありません。

  • メールのやり取りだけではわからない相手の雰囲気や性格を知る。
  • 相手の実際のルックスを確認する。
  • 私服のセンスや身だしなみを確認する。

このような「結婚に向けて相手を知ること」が第一の目的になります。

2人の親密さをアップさせることや、2人の時間を楽しいものにする、という目的はあくまでの第二の目的です。「楽しい時間を過ごしたい」という思いばかり先行してしまっては、ネット婚活の成功率が低くなってしまうでしょう。

最終目的はあくまでも「素敵な相手と出会い結婚をすること」なのです。

そのためには、ゆっくりと話ができる場所が最適です。

ネット婚活出始めて会う場所の決め方

いつ、どこで会うのか?

これはお互いの仕事の状況や予定、住んでいる場所によって決めるのが良いでしょう。どちらか一方が無理をするような決め方はいけません。

はじめて会う時間帯については、昼でも夜でも問題ありません。お互いの都合の良い時間で決めます。

ただし、昼に会ってランチを食べて、遊びに行ってディナーを食べて帰る、みたいなガッツリと1日使うデートよりも、最初は3~4時間程度に時間を区切って会う方が良いでしょう。お昼が都合よければランチやお茶をして、夕方には帰る。仕事終わりに会うのであれば、8時くらいからディナーを一緒に食べて10時~11時くらいには帰る。最初はそれくらいの方が良いと思います。長時間のデートは2回目以降にしておくほうが良いと思います。

会う場所も、2人が住んでいる場所の中間地点くらいで決めるのが無難です。

遊園地や映画や美術館のような、いわゆる「デートスポット」という場所は、お互いをよく知る知ることが難しいので避けた方が良いでしょう。

無難なのは、ちょっと雰囲気の良いレストランや喫茶店などですね。2人ともお酒が好きということであれば、落ち着いた雰囲気のある居酒屋やバーなんかも良いと思います。

例えば2人に共通の趣味がある場合は、それを参考にして決める方法もアリです。

同じ野球チームのファンであれば、2人で球場まで応援に行く。

登山が好きなら、一緒に山を登る。

お互いが好きなミュージシャンのライブに行く。

景色の綺麗な場所にドライブに行く。

2人が好きな趣味のイベントに行く。

そうすれば、お互いのことがよく知れるし、会話も途切れることはないでしょう。好感度がアップする可能性も高くなると思います。

ただし、こういった共通の趣味を生かしたデートするも、2回目以降にしておく方がいい場合もあります。まず最初はゆっくりと話せるスペースでお互いを知り合い、そこで2回目のデートスポットの話を決めるのがオススメです。

一番大切なのは相手を尊重すること

ネット婚活で初めて会う時は、ゆっくりと話せるレストランや喫茶店がオススメ。

・・・ですが、大切なのは相手の気持ちを考えてあげることです。

自分ばかりどこに行くべきか悩んでいるよりも、相手に行きたい場所を聞いてみるのが一番です。

相手が行きたい場所であれば、動物園でもディズニーランドでもいいでしょう。どこに行こうか悩んでいるのなら、我慢強く相手が満足する場所を一緒に考えてあげましょう。

こういった”相手への思いやり”は小手先のテクニックでは身につきません。思いやりこそが、ネット婚活を成功させる秘訣なのではないでしょうか。

付き合って何人目の人と結婚したら一番幸せになれるの?

今まで誰とも付き合ったことがない人。

たくさんの人と付き合ってきた恋愛経験豊富な人。

婚活をしている男女の中でも、付き合ってきた人数は人それぞれでしょう。

では、付き合って何人目の異性と結婚した方が良いのでしょうか?

その答えは、婚活で幸せな結婚をするための重要なヒントを与えてくれるとおもいます。

ネット婚活で最も破局が訪れやすいタイミングはいつ?

ネット婚活を始めてから結婚までの流れの中で、最も危険で破局が訪れやすい時期とはいつでしょうか?

それがわかれば婚活全体の中で一番精力を傾けるべき期間ががわかります。

まずは、ネット婚活での出会いから結婚までの流れを簡単に見てみましょう。

①婚活サイトで出会って何度かメッセージのやり取りをする。

②気が合うし、やり取りが楽しいので実際に会う約束をする。

③喫茶店で始めて出会い話をする。

④実際にあっても好印象だったので結婚を前提にお付き合いを始める。

⑤何度かデートを繰り返し、旅行に行ったりもする。

⑥結婚を前提の付き合いが半年続き、プロポーズをする。

⑦無事結婚!婚活卒業へ。

この流れの中で、最も破局が訪れやすいタイミングが2か所あります。

それはどこでしょうか?

ネット婚活で破局が訪れやすい2つのタイミング

ネット婚活で破局が訪れやすいタイミング、その答えは…

 

③→④の間と、⑥→⑦の間です。

 

③喫茶店で始めて出会い話をする→(失敗の危険性大!)→④実際にあっても好印象だったので結婚を前提にお付き合いを始める

⑥結婚を前提の付き合いが半年続き、プロポーズをする→(失敗の危険性大!)→⑦無事結婚!婚活卒業へ。

ネット婚活ではこの2つのタイミングで集中的に破局が訪れやすい傾向があります。

 

婚活サイトで見つけたお相手は趣味も合うし、住んでいる場所も近いし、メッセージでは盛り上がっていた。

実際に会って話をしてみてもそこそこ盛り上がった。だけど付き合うまでには発展しなかった。

 

これがネット婚活で最も多いお付き合いを始める直前の破局パターンですね。

 

そしてもうひとつ、意外に多いのが結婚をする直前の破局です。

実際に結婚するとなると、やはり誰もが不安になるもの。

 

「この人と一生一緒にいれるのだろうか?」

「もっといい人が現れるのではないだろうか?」

「本当にこの人の事が好きなのだろうか?」

 

今まで感じてこなかったような不安が、急に心の中に湧き上がってきます。

そうして悩み、せっかく今までお付き合いをしていた相手との結婚を止めてしまう!

この2つの破局が多いタイミングをうまく乗り越えるのが、ネット婚活を成功させるために大切。

それぞれのタイミングを上手に乗り越えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

お付き合い直前の破局を回避する方法

ネット婚活で最もハードルが高いのが、実際にあってからお付き合いを始める前といっていいでしょう。

 

この破局の危機を乗り越えるには、結婚ではなく”付き合うこと”を目標に頑張るのが大切です。

 

例えば最初のデートでのお会計は、男性であればすべて出してあげる、女性であれば割り勘にしてもらう。

いきなり結婚についての具体的な話や、家族・親族の話をせず、普通に楽しいデートを心がける。

ちょっと高級なレストランを予約したり、相手の好きなデートスポットに付き合う。

相手の趣味に興味を持ち、それについて実際にやってみたりして、一緒に楽しむ努力をする。

ず~っと続くラインも付き合うし、長電話も付き合う。

相手への思いやりは、もちろんず~~っと持ち続けるべきですが、特に出会いからお付き合いが始まる前まではちょっと背伸びをするくらいの態度で接するのが大切です。

付き合いが始まらなければ、相手の本当の魅力もわからないし、自分の本当の魅力を伝えることも難しいです。

 

「結婚を前提に」とか「この人と結婚して大丈夫かな」なんて考えずに付き合うことを目的にして接するのが大切ですね。

 

無事に付き合いが始まってある程度の期間が過ぎれば、2人の交際は「安定期」に入ります。油断はできませんが、少しずつ本来の自分の出しつつも、相手との親密さを深めていきましょう。

結婚直前の破局を乗り越える方法

結婚の直前は、男性であれ女性であれ、結婚生活に対する大きな希望と共に、将来への掴みどころのない不安も抱えてしまうもの。

なぜ、結婚の直前に「この人で大丈夫かな?」「自分の人生はこれでいいのかな?」「この選択は正しかったのかな?」という大きな不安に襲われるのでしょうか?

人間は環境が大きく変わろうとするときに、無意識に現状を維持したいという気持ちが沸きあがってきます。

(今まで独身で生活してきても、特に不便じゃなかったじゃないか。結婚なんて面倒なことは止めた方がいいんじゃないか?)

本心ではそう思っていなくても、将来への不安や、変化への恐れが沸きあがってくるのは仕方のないことなのです。

人間の本能は変化を嫌っています。新しい生活は新しいチャレンジであり、上手くいくかどうかわからないリスクもあります。人間の本能は”自分を守るために”、不安を感じることで新しいチャレンジを止めさせようとします。

その変化が良いものであれ、悪いものであれ、本能は変化を恐れます。

これは大自然の中で生き残るには有効なのかもしれませんが、新しい可能性を潰してしまうことにもなりかねません。

だとしたら、この破局の危機を乗り越えるには、「本能が感じる不安」をなるべく和らげる必要があります。

結婚直前の時期はお互いが将来への不安を抱えていることを理解し合い、よく話し合ったりすることで不安を解消するのが大切ですね。

ここぞという時はバシッと決めよう!

世の中にはいつもはパッとしないのに、なぜかモテる男女がいます。

恐らくそうったタイプの男女は、付き合いが始まるタイミングや結婚をするタイミングのような”相手が不安を感じる変化のタイミング”にバシッと決めることができるのでしょう。

 

変化への不安を乗り越えるには、相手の不安を理解してあげること、そして多少強引でも自信を持って相手を導いてあげることが必要です。

ネット婚活の中の破局が訪れやすいタイミングをよく理解して、乗り越えられるように気をつければ、婚活が成功する確率も劇的に上がるのではないでしょうか。

結婚までに付き合った人数は何人がベスト?

まずは重要な結論を申し上げます。

恋愛経験豊富な人は幸せな結婚ができない

…といわれています。

自分の身の回りの既婚者や独身者をみても「確かにそうだなぁ~」と納得しないでしょうか。

海外で行われた、18歳~34歳の女性1000人以上を対象にした調査によると、恋愛経験が平均よりも多い女性は結婚生活に満足していないという驚きの結果が得られました。

恋愛というのは、最初はあたふたして上手く付き合うことができないものです。ですがたくさんの異性との交際経験を積めば、それだけ異性の扱いが上手くなるし、恋愛も上手になるもの。

ですが、結婚に関してはそうではないのです。

結婚相手で完璧な人、満足する人は絶対にいません。

ある程度の妥協の上で、お互いの良いところや悪いところを理解し合うのが大切。

なのに、恋愛経験豊富な人は、さまざまな部分で過去と比較してしまいがち。

「あの人と結婚しておけばもっと幸せだったかも」

「あの人の方が年収が高かった」

「あの人は自分のことをわかってくれた」

過去の想いでは美化されやすく、よいところだけしか思いださないもの。付き合っていた異性のSNSなんかを見て幸せそうにしていたら、もう耐えられないくらい不幸に感じてしまうかもしれません。

そのため、恋愛経験豊富な人は現在の相手に不満を持ちやすくなるのです。

ですが、恋愛経験があまりない人は、そもそも比較対象がいないため今の相手の満足度が高くなる傾向にあります。

具体的には結婚までに4人と付き合い、5人目で結婚すると、一番結婚に対する満足度が高くなるという結果がでています。

結婚前に7人以上と付き合うと、その後の結婚率がぐっと下がるそうです。

ですが、この調査結果は欧米でのもの。

欧米はとりあえずいろんな人とデートしてから付き合うかきめる慣習があります。そのため、付き合う人数も多くなりがち。日本ではもっと少なく見積もる必要があるでしょう。

つまり、日本人にとっては2人と付き合って3人目と結婚するのがベスト!!

5人以上と付き合っていると結婚率が下がるということになります。

たとえ今まで誰とも付き合ったことがなかったとしても、それはこれから出会う人と仲良く結婚生活を送れる可能性が高いってことです。

逆に5人以上と付き合った経験のある人は、今現在付き合っている人の良いところを見誤り、過去と比較しちゃう傾向があるので気をつけましょう。

ネット婚活でも同じことが言える!?

「恋愛経験豊富な人は幸せな結婚ができない」

という考え方は、そのままネット婚活にも当てははまるのではないでしょうか。

何十人もの人と出会いを繰り返し、何年もネット婚活を続けているのに、いい人に出会えない…そんな悩みを抱えている方、その原因は過去にいろんな人と出会いすぎたために無意識にハードルが高くなりすぎている可能性があります。

ネット婚活で素敵な人と出会えて結婚できた!なんてカップルを見ると、ネット婚活のサイトに登録して最初にコンタクトを取った人、なんてケースが結構あります。

たとえ最初に出会った人でなくても、上手くいくカップルは、何人も何人も出会ってから決めたというよりも、パッと出会ってサッと交際が始まることが多いようです。

ネット婚活でたくさんの人とコンタクトをとるのは、いろんな人を比較できるというメリットもありますが、無意識にハードルが高くなり、いい出会いを逃してしまうというデメリットもあることを肝に銘じなければいけませんね。

出会いが多くて安全な婚活サイトの選び方のコツ

ネット婚活を始めるには、まず婚活サイトに登録する必要があります。

でも、世の中にはたくさんの婚活サイトがありますし、どれを利用していいのかわからなくなってしまいますね。

もちろん登録をひとつの婚活サイトだけに絞る必要はありません。

ひとつだけではなく、数か所の婚活サイトに登録した方が出会いのチャンスが広がるでしょう。

とはいえ、10サイトも20サイトも登録してしまうと、どの婚活サイトでどんな出会いがあったのかや、大事な連絡メールなどが管理しずらくなってしまいます。

現実的には、同時に利用する婚活サイトは2~3程度が最適です。

その中で自分に合うサイトがあれば、それをメインで利用する方が良いでしょう。慣れてきたら増やしていくのもいいかもしれません。

できることなら、厳選された安全で出会いのチャンスがある婚活サイトを選びたい!!

というわけで、安心して利用できる婚活サイトを選ぶコツを紹介します。

 

婚活サイトを選ぶ基準で大切なのは「安全性」と「利用者数」です。

安全性と利用者数を基準に、良い婚活サイトを判断するための”コツ”を紹介します。

①大手の企業が運営している

誰でも知っている大手の企業が運営していることは、必須の条件です。

そのような大手が運営している婚活サイトは、小さい企業の運営する婚活サイトよりも長い歴史を持っていて、安全性が高く、利用者数も多い傾向があります。

誰も知らないような企業が運営している婚活サイトは、よく調べるとサービスを開始してから1年しかたっていなかったり、サービスが充実していない場合があるので要注意。

大手企業であれば、婚活サイト以外にも結婚相談所や婚活パーティを企画していたり、ブライダル関係の雑誌を発行していたり、結婚式場を運営していたりと、そこから婚活の幅が広がる可能性もあります。

②知名度が高く、利用者が多い。

誰も知らないような婚活サイトは、例えネット上でどれだけ派手に宣伝していたとしても、利用者数が少ない傾向にあります。

そのため、出会いの幅も狭まりますし、利用者の質も低くなってしまうでしょう。

利用するなら”誰でも名前くらいは知っている婚活サイト”に登録しましょう。

婚活サイトの利用者数は、多ければ多いほどメリットもたくさんあります。

③利用には身分証を提出する必要がある。

ネットでの個人情報流出や、SNSを利用したリベンジポルノなどが問題になっています。

ネット婚活は実名を使い、自分のプロフィールを公開する必要があります。できるだけ、信頼できて安全性の高い婚活サイトに登録するべきです。

必須の条件は身分証の提出が義務付けられている婚活サイトです。

名前とメルアドだけで登録完了して利用できるような婚活サイトは、結婚する気のないような人が利用していたり、結婚詐欺師のような悪質な利用者がいる可能性があります。

安全性の高い婚活サイトは、利用者全員の本人確認をしっかりしているところ。

登録して利用するには免許証などの身分証を提出する必要があり、独身であることを証明する必要があるような婚活サイトを選ぶのが大事です。登録がすこし面倒に感じるかもしれませんが、長い目で見れば絶対にやっておくべきことでしょう。

④利用料がリーズナブル

利用料は婚活サイトによって様々です。最初に利用するのなら、とりあえず無料で利用できる婚活サイトを利用するのがいいでしょう。

とはいえ、無料で利用できる婚活サイトも、すべてが無料というわけではありません。もしそうであれば、サイトを運営することができなくなてしまいますしね。

多くの婚活サイトは、サイトへの登録やプロフィールを検索して相手を探すことなどは無料としていますが、利用者同士がメッセージのやり取りをするのを有料にしているところが多いようです。

その料金体系やシステムもサイトによって違いますが、あまりにも高額なサイトは止めておいた方が良いでしょう。

お手頃価格で利用できる婚活サイトの方が利用者も多く、出会いの幅が広がるというメリットもあります。

まとめ

ネットを検索すると、たくさんの婚活サイトが見つかります。

婚活をしている人の数は限られているわけですし、すべての人が婚活サイトを利用しているわけではありません。中には利用しても意味のないような閑散とした婚活サイトもたくさんあるでしょう。

良い婚活サイトを選ぶのは、今後の成婚率を左右するとても大切な最初の一歩です。

しっかりと見極めて、自分に合った婚活サイトを利用しましょう。

 

*下記の記事では、すべての条件に見合ったオススメの婚活サイトを厳選して3つ紹介しています。

→利用者数が多くて無料の婚活サイト・アプリのランキング