恋人がいない状態で結婚したいと思ったら、まず何から始めたらいいでしょうか?

合コンに参加する、同僚の異性にアプローチする、友達に良い人を紹介してもらう、いろんな方法が考えられますが手っ取り早いのは、婚活サービスを利用するってこと。

婚活サイト、結婚相談所、婚活(お見合い)パーティは有料ですが、身分がしっかりとしていて結婚に対して本気の男女が集まってきます。

これらの婚活サービスをうまく利用すれば、幸せな出会いが訪れる可能性も高まるでしょう。

では、婚活サイト、結婚相談所、婚活パーティ、それぞれの特徴とは何なのでしょうか?

婚活サイトの特徴

婚活サイトは自分でプロフィールを登録して、自分で相手を探して、自分でコミュニケーションをとって出会いを探す場所です。

利用料金が婚活パーティや結婚相談所よりも安く、利用者も多いのが特徴です。

ただし、最初はネット上でのコミュニケーションになるので、実際に会ってみたら期待外れだった・・・なんてこともあるので注意が必要です。

ある程度年齢が高くても、年収が低くても、利用者が多い分、出会いのチャンスはあります。引っ込み思案で口下手な人にもオススメです。

婚活パーティの特徴

婚活パーティーは、企業が運営する合コンのようなもの。結婚に向けた出会いを求める男女を有料で集めて、場所を借りてパーティを行います。

1対1で話をする時間やフリータイムなど、様々な趣向を凝らしたパーティがあります。最後にはカード投票でカップル発表という流れのパーティが多いようです。

面と向かったコミュニケーションが苦手だと、異性とまったく話せず、自己アピールできないままパーティが終わってしまうことも。

一部のルックスの良い男女に人気が集まって、その他の人たちは見向きもされない・・・そんな可能性もあるので注意が必要です。

どちらかというと、ルックスに自信があったり、話をするのが好き、盛り上がる場所が好きという方にオススメですね。

結婚相談所の特徴

結婚相談所では店舗に足を運んで、専門の結婚相談員と相談しながらじっくりと婚活を行います。結婚相談所のアドバイザーは、利用者が成婚して退会するまでのコンサルタントを総合的に請け負います。

手間がかかる分、その利用料はかなりの高額になります。利用者も少なく、出会いの幅が狭いのがデメリットです。

ですが、担当のアドバイザーとは定期的に面談をし、二人三脚で結婚を目指すことで、自分にぴったりの異性が見つかるかもしれません。

とにかく婚活で何をしていいか分からない人、コミュニケーションが苦手な人にオススメの婚活サービスです。

 

 

今回は3種類の婚活サービスを紹介しましたが、それぞれに一長一短があります。

どれが自分に合っているのかを見極めて、効率的に婚活を行いましょう。

ともあれ何を選択するにせよ、無料で手軽にに利用できる婚活サイトには登録しておくべきだと思います。