初対面の人と出会っても、まったく会話が盛り上がらない!!

 

何をしゃべっていいのかわからないし、相手も困っている!!

 

そんな嫌ぁ~な雰囲気になることがあります。

 

何故なのでしょうか??

 

その原因はあなたが持っている”空気”が原因かもしれません。

 

「なんだかこの人、しゃべりづらいなぁ…」

 

だれもが、初対面の人にそんな印象を感じたことがあるでしょう。

コミュニケーションの場における空気は、思いのほか会話の内容に影響を与えています。

初対面でも会話が進むような空気を作るためのコツを紹介します。

話しやすい空気を作るための5つのコツ

ネット婚活でメッセージだけのやり取りをしていると、自分の表情や笑顔は相手に伝わりません。

言葉だけの勝負なので、ヘンに誤解を産んでしまうというデメリットがあるものの、「自分の持っている雰囲気」に影響を受けないコミュニケーションをとることができます。

 

これはある意味では大きなメリットとなるでしょう。

 

ですが、実際に会うとなったら誤魔化しはききません。

自分の醸し出す空気が、相手への印象として色濃く残ってしまうでしょう。空気が悪くなれば、自然と会話も弾みません。

話しやすい、リラックスできる空気を作る5つのコツを紹介します。

①笑顔で話すこと

話しやすい空気を作るためにもっとも大切なのは笑顔です。

無表情で不機嫌そうな人と笑顔な人、どちらが話しやすいでしょうか?

 

もちろん誰だって笑顔の人ですよね。

 

どんなに会話がヘタでも、笑顔を絶やさないだけでも十分に心地よい空気は作れます。

 

緊張すると顔がこわばってしまうものですが、意識して笑顔を作りましょう。

そうすれば、相手も、そして自分のリラックスできるでしょう。

②雰囲気のよい場所を選ぶ

先日、長い付き合いの友人と新宿にある小さな飲み屋に行きました。

 

「適当に選んで行ってみよう!」

 

ということで、初めて入るお店だったのですが、その雰囲気が凄い。

店内は客がまばらで会話が聞こえてこない。BGMも流れておらず、静寂に包まれている雰囲気。

2人いる店員も無表情で、やる気があるのかないのかわからない。

 

(…あれ、なんか、しゃべっちゃいけない?)

 

そう感じてしまうほど。

いつもは何気ない会話でいくらでも盛り上がれるのですが、その時ばかりは(しゃべらなきゃいけないな)と会話の内容を”探して”無理して会話していました。

それは友人も一緒だったようで、「最悪の店だったな~」と店を出た後で盛り上がりました。

 

その場所がもっている”空気”はとても大切です。

 

先ほど紹介した店のように静かすぎる場所もダメですが、逆に騒がしすぎるクラブのような場所も苦手な人はいます。

相手の趣味や好みをリサーチして、落ち着ける場所を選ぶことが、結果的に2人の空気を和やかにしてくれるでしょう。

③臭いに気をつける

口臭や体臭などの臭いをケアするのは、空気を作るためにとても重要です。

もし相手から嫌な臭いがしてきたら、本当の意味で嫌な空気になってしまいます。

 

出会う前にガムを噛んだり、ちょっとだけ香水をつけたり、しっかりと身体を清潔にしたり…そういった身だしなみがよい空気を作る助けとなります。

相手からほのかにいい香りがしてきたら、それだけでよい空気になりますよね。

④見た目にも気を使う

男性でも女性でも、最低限の身だしなみに気をつけるのは大切です。

これは高価なファッションに身を包むべきとか、アクセサリーをつけるべきとか、髪型をきっちりキメるという意味ではありません。

 

清潔な服をキチンと着こなすこと。

 

この当たり前をちゃんとやることで、その場の雰囲気がしっかりと安定してきます。

ボロボロの服や、シミやシワばっかりの服を着ていたら、ちょっと引いちゃいますし、ヘンな空気になるので気をつけましょう。

⑤真剣に相手に興味を持つ

”空気”とは”自分の感情”が作り出す部分がとても大きいです。

 

「自分の心の中なんてわからないでしょ!」

 

と思うでしょうが、意外なほどそれは”空気”としてまわりに影響を与えます。

とっても不機嫌で起こっている人のまわりには、なんとなく緊張して張り詰めた空気が漂っています。

嬉しいことがあってご機嫌な人のまわりには、なんとなくハッピーな気分にさせてくれる空気がありますよね。

 

相手に対して興味を持って、真剣に耳を傾けること。

 

これが話しやすく心地よい空気を作るために、とっても大切です。

そのためには、優しや気配りも必要ですし、しっかりと相槌をうつことや、質問をすることも大事。

たとえ最初は空気がわるかったとしても、そういった行動のひとつひとつが「あなたに興味があります」というサインとして相手に伝わり、少しずつ空気が変わっていくでしょう。

話しやすい空気を作るまとめ

話しやすい空気を作るための5つのコツを紹介しました。

 

初対面出会う2人の空気は、最初に挨拶を交わした瞬間に出来上がります。

 

「はじめました。○○と申します。今日はよろしくお願いします」

 

という丁寧なあいさつはとても大事ですし、第一印象の見た目も大事です。

初対面で出来る空気をよくするためにも、空気をつくる5つのコツの中で紹介した「笑顔」「場所」「臭い」「身だしなみ」に気をつけましょう。

そうして、会話の中では「真剣に相手に興味を持つ」を実践し、少しずつ空気をよくしていくのです。

 

どんなに会話が上手で、コミュニケーションがうまい人でも、空気が悪いとまったく盛り上がれません。

逆に言えば、会話や人付き合いが苦手だったとしても、空気を良くすればしっかりと盛り上がれます。

今回紹介した5つのコツを実践すれば、たとえ婚活で出会った相手が自分が苦手そうな人だったとしても、楽しい会話が楽しめるのではないでしょうか。