ネット婚活は恋愛結婚の相手を探す場所ではありません。

そのことを理解していないと、相性の良いお相手を見つけられないですし、結婚しても上手くいく確率も減ってしまうでしょう。

「でも・・・やっぱり結婚するな好きな人と恋愛をしてからがいい!!」

そう思うかもしれませんが、恋愛ばかりを追い求めていると幸せな結婚からは遠のいてしまう可能性があります。

というのも「恋愛結婚=幸せな結婚」というイメージがありますが、実際はそうではないことが多いから。

ネット婚活で幸せな結婚をするにはどうすればいいのでしょうか?

恋愛結婚は幻想でしかない!?

テレビドラマでも、友達の結婚を見ても、世の中には恋愛結婚が溢れています。

恋愛結婚で家庭を築いた人は、みんな幸せそうに見えますね。

ですが、恋愛結婚というものがここまで一般的になったのはここ30年ほどです。

その前までは自由恋愛で結婚するケースのほうが稀で、ほとんどの場合がお見合い結婚。結婚する本人に相手を選ぶ権利はありませんでした。

これは貴族も農民も同じことで、平安時代の昔から、明治・大正・昭和の最近まで、ほとんどの人が結婚相手を自由に選べなかったのです。

日本以外の他の地域でもそれは同じ。

西洋でもかつては政略結婚やお見合い結婚ばかりでしたし、インドのカースト制のように同じ身分同士でしか結婚できない場合もあります。宗教的に恋愛結婚が難しい場合もあるでしょう。

人類史を辿っていくと、恋愛結婚がほんの数十年前に普及した新しい文化であることがわかります。

 

恐らく現在70歳くらいの年代から恋愛結婚が普及し始めたと考えられます。

その上の世代では、おそらく恋愛結婚は少数派だったでしょう。

 

恋愛結婚は稀で、一種の憧れでもあった。

だからこそ、昔から恋愛結婚は演劇や小説、映画などのテーマとして取り扱われてきたわけです。

ロミオとジュリエットのような悲恋のストーリーは、自由恋愛ができる現代では成立しませんよね。

 

では、憧れの恋愛結婚は幸せなのでしょうか?

 

恋愛結婚が普及してきた近代では、その前の時代では考えられないほど離婚率が上昇しています。

恋愛結婚をしたけれど、恋愛感情がなくなってきて離婚・・・そんなパターンが増えてきたことの表れです。

自由恋愛ができなかった時代は、もちろん簡単に離婚できる時代でもないし、女性の権利が認められなかった場合もあったため、一概に現代と比較することはできないでしょう。

きっと横暴な旦那に我慢し続けなければならなかった女性はたくさんいたでしょうし、その逆に男性側が我慢していたケースも多いでしょう。

だとしたら、恋愛結婚が普及した現代は昔に比べて幸せな結婚生活を送る人たちが増えたのでしょうか?

上がり続ける離婚率や不倫の報道やうわさ話を聞く限り、幸せな結婚の割合は今も昔も変わっていないような気がしますし、むしろ不幸な結婚が増えたような気さえします。

 

また、世界的に恋愛結婚が普及してきたここ数十年、未婚率も急上昇しています。

結婚する前には恋愛が必要という固定観念が、結婚の確率を押し下げているのでしょう。

体感としてわかると思いますが、恋愛結婚というのはかなり難しいです。

 

恋愛結婚は未婚率と離婚率を上げるという事実は揺るぎないでしょう。

結婚にとって大事なこと

結婚相手を見つけるときに大事なのは、自分に見合ったお相手を選ぶということ。

自分が貧乏なのに、とんでもないお金持ちで生活レベルの違いすぎる相手と結婚しても、最初はいいもののいつかは破堤する可能性が高くなります。

自分は普通なのに相手はとんでもないイケメンや美人だったり、宗教が違ったり、出身の国や文化が違ったり、年齢が離れすぎていたり・・・。

このような違いは、もちろん相手の違いを受けれ入れて認めれば結婚生活はうまくいきますが、失敗するケースも多々あります。

こういった「違いを乗り越えた夫婦」は美談としてよくメディアでも取り上げられますが、注目されることそれ自体が、多くの場合で違いを乗り越えられずに失敗するケースが多いということを物語っています。

 

末永く幸せな結婚生活を送るには、自分に見合った相手と結婚するのが大切。

 

だとしたら、お見合い結婚というのは、自分に見合った相手と出会うのに最適といえるでしょう。

昔は貴族と農民は結婚できませんでした。明らかに違った文化を持った相手とは出会う機会もなければ、結婚も許されなかったのです。

縁談は同じ身分であることが多いですし、文化やしきたりも同じであることが多い。そのこと自体が、結婚がうまくいく条件だったのでしょう。

すごく幸せな結婚ってわけではない、だけどそれほど不幸な結婚でもない。

そうして一緒に生活し、子どもができて、苦楽を共にして生きていくうちに、夫婦の絆が出来てきて、お互いが必要不可欠な存在になる。

そんな結婚が多かったのではないでしょうか。

 

近年、未婚率が上昇して独身が増えている理由のひとつは恋愛結婚が当たり前になってきて、普通に恋愛結婚を求めているからではないでしょうか。

その考えも正しいといえば正しいのですが、少なくともネット婚活を行う場合は恋愛結婚を求めていると失敗する可能性が高くなります。

 

恋愛で結婚するのが10代や20代前半まで。

それ以降であれば、極端な話ですが、生活レベル、外見のレベルが似通っていて、ある程度性格に問題がなければ、だれと結婚しても同じと割り切る必要があります。

これは諦めるということではなく、それくらいの範囲が最もオーソドックスで、離婚が少ない家庭を築けるということなのです。

夫婦の絆は結婚の後にゆっくりと築いていけばいいのです。

ネット婚活は幸せな結婚をするために最適のツール!?

恋愛結婚に憧れを持ちすぎていたり、過去の恋人よりも条件の良い相手を見つけたいと躍起になっていたり、玉の輿に乗ることばっかりを考えていると、たとえ結婚できたとしても末永く幸せな結婚生活を送ることはできないでしょう。

そういった理想を持つのも大事ですが、理想を持ちすぎると現実とのギャップに対してストレスを感じてしまいます。

婚活を続けるたびに絶望したり、悩み続けてしまうことになって、サイアクの場合うつ状態になってしまうことも!

そうならないためにも、「譲れない条件」はあってもいいですがたくさんの「譲れる条件」を持っておくのが大切です。

 

ネット婚活ではたくさんの利用者の中から条件検索を利用して、自分に合ったお相手を探すのに適しています。

お見合いの話を持ってくるような知人がほとんどいなくなった現在、ネット婚活は自分で結婚相手を探すのに最適の方法のひとつでしょう。

自分とは違いすぎる人を避け、自分に合った相手を探すのがオススメ。

ネットの婚活サイトは手軽にいろんな人にアプローチできます。恋愛結婚を期待せずに、ちょっと外見がイマイチな異性や、収入がイマイチな人とも積極的にコミュニケーションをとることが幸せな結婚への近道なのではないでしょうか。