婚活を始めたときの年齢は30代も半ばだったのですが、婚活サイトで結婚相手を探そうと思った理由は、いい歳をしてそれはどうなのだと思われそうですが、結婚相談所のようにすぐに異性と直接会わなくても大丈夫だというところです。

結構いい年だったのですが、しっかりと女性と付き合ったという経験がなかったので、直接会った場合はきっとうまく話すことができないだろうなと思っていたのです。
だからネットでできる婚活サイトに登録してみたのです。そしてそれが最高の結果を出すことにつながりました。
直接話すのは苦手でも、メールならゆっくりと考えて返事をすることができるので私にはとても会っていました。成功の秘訣とまではいえないかもしれませんが、相手のことを考えてしっかりとメールの返事をするということはとても大切なことだと思っています。

結婚してからもメールがきた時にはおざなりにしないでちゃんと返事をしているので、結婚生活もうまくいっているのではないかな思うので、どんな時でも誠実に嘘なく答えることが大切だといえます。

これは別に婚活サイトだけではないと思いますが、変に自分をよく見せようとして嘘をつくと後で現実がわかったときに相手をより落胆させてしまいます。だからできるだけ自然体で正直に答えるのがうまく結婚までもっていく基本的なことなのではないでしょうか。

 

あとは私も成功の秘訣として参考にしたことなのですが、登録した時には自分のプロフィールをきちんと書くということが大切なのは間違いないでしょう。

自分で相手を探す時もそうですが、やはりプロフィールに何も書かれていないような人だとアプローチしようという気も起きません。それにそういう人からメールをもらったとしても、よっぽどメールにどういう人なのか詳しく書いてない限りは、返事をしようという気も起きませんし、それどころか怪しい人として警戒してしまいます。これは出会いを求めているのにすごいマイナスだと思うのです。

だからまずはきちんと自分のプロフィールを記入して、自己紹介には自分の好きなことや仕事のこと休みなんかを書いておくと、アプローチした時にメールの返信率などがアップします。

あとは積極的にいろいろな人に自分からアプローチしていくことだと思います。まずは気の合う人を見つけて、これだと思う人が見つかったらその人とだけ仲良くしていくことが大事です。

一人に決められたからこそ、その後付き合うことができて結婚できたのだと思っています。

婚活には向き、不向きがある

30代半ばからネット婚活を初めて、なんとか結婚できた男性からの体験談でした。

このクチコミからわかるように、女性が苦手、面と向かってしゃべるのも得意ではない、そんな男性にとって「婚活サイト」を利用するのは、結婚するための近道といえるでしょう。

逆にルックスに自信があったり、コミュニケーション能力に自信があるのなら、婚活パーティの方が向いているかもしれません。

婚活にはいろんなアプローチがあり、人それぞれによい出会いがある場がきっとあるのでしょう。

 

ポイントは、どんな婚活の方法であれ、無理をせず自然体で、常に誠実に対応するということだと思います。

婚活中に変にカッコつけても、後で化けの皮が剥がれるのは目に見えています。末永く一緒にいるパートナーを見つけるためにも、最低限のマナーは守りつつも、自然体の自分で付き合うのが結婚への近道なのではないでしょうか。