先日、久しぶりに女友達と食事をしたときのこと。

彼女は30代後半なのですが、なんと10歳以上年下の男性とお付き合いしていることが判明!

なぜ彼女鵜は若い彼氏と付き合えたのでしょうか?

自分がいる環境が出会いを左右する

いい出会いをするためには、自分がいる環境を整えるのが大切です。

 

先に紹介した彼女鵜が10歳年下の男性と付き合えたのは、なにも彼女が凄く魅力的だからとか、若い男を翻弄するような恋愛テクニックがあったわけではありません。(むしろ彼女は男慣れしていない、奥手タイプの女性です)

一番の理由は、若い男性がいっぱいいる環境にいたから。

彼女は30代にして一念発起し、仕事を辞めて再び大学に通い始めていたのです。

そこで今の彼氏と出会い、ごく自然に付き合うようになったとか。

 

おそらくずっと同じ仕事を続けていたら、このようなステキな出会いはなかったでしょう。

彼女は”新しい何か”に挑戦し、”新しい環境”に踏み出したから、”新しい出会い”があったわけです。

10歳年下の彼氏と付き合う方法

正直なところ、「10歳年下の彼氏と付き合う方法」なんてものは存在しません。

友人が10歳年下の彼氏と付き合えたのも、新しい環境でたまたま出会った男性が、たまたま10歳年下だったというだけのこと。

 

年下の彼女や彼氏と付き合う方法はありません。

が、たったひとつだけ、確実に言えることがあります。

それは新しい環境に身を置かないと、新しい出会いは訪れないということ。

おとぎ話のように、白馬に乗った王子様がいつかやってくることは、このご時世では永遠にないでしょう。

 

ではどうすればいいのか?

 

誰もが友人のように、今の仕事を辞めて大学に入学するわけにもいきません。

ですが、今の環境でも十分に新しいチャレンジをすることはできます。

たとえば、地域のサークルに参加する。

習い事を始める。

ネットのオフ会に積極的に参加する。

婚活サイトに登録して活動してみる。

 

そのようにして、今の環境に身を置きつつも、新しいチャレンジを続ければ、そこには新しい出会いが広がっています。

ステキな出会いが必ずあるというわけではありませんが、今の場所にずっととどまるよりは遥かに可能性に満ちているでしょう。

 

とくに、若い男性や若い女性と付き合いたいのなら、とにかくそういった年齢層が多い場所に顔を出すのが一番です。

「自分なんて…」

「もう40代だし…」

「若い子といっしょは気が引ける…」

そんな風に思わずに、積極的にチャレンジするのが大切です。

 

友人は無事大学を卒業したのですが、卒業式で名前と生年月日を呼ばれるときに「自分だけ昭和だったよ」と笑顔で話してくれました。

それでいいのだと思います。

たとえ年齢を重ねたとしても、いつでもチャレンジすることはできます。

 

40歳から、いままでやったことのないテニスに挑戦するのでもいいでしょう。

いきなりボランティア活動を始めるのもいいと思います。

婚活サイトで10歳年下の子にアプローチするのもアリです。

土日だけ若い子と一緒にバイトすることだってできます。

 

新しいチャレンジをすれば、気分も若返りますし、新しい出会いも増えるのではないでしょうか。